top of page

お客様からいただいた、お断りのメールが嬉しかった


以前WEBサイトリニューアルの提案をさせていただいていたお客様から、先程、ご返信をいただきました。


結論としましてはお断りされ、当社としては終了なのですが、とても嬉しいメッセージをいただいたので、一部抜粋して紹介させていただきます。 先日ご相談させていただきました医療法人●●●の●●です。 弊社ホームページ改修の件、ご連絡が遅くなりまして大変申し訳ございません。


弊社ホームページ改修をお願いするパートナー会社様につきまして、いくつかの会社様にご相談させていただいておりましたが、最終的に以前より弊社会長とお付き合いのあるパートナー会社様にて進行することになりましたのでご報告申し上げます。


弊社の現場メンバーとしましては、御社のクオリティに魅力を感じており、御社にて進行したいという思いが強く残念な気持ちが強かったのですが、最終的に内部的な都合により、他社様での進行となってしまいまして、せっかく御社より良いご提案頂いたにも関らず大変申し訳ございません。


今後も各施設でのホームページ改修を予定しておりますので、是非またご相談させて頂けましたら幸いでございます。


引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。


毎日のように何かしらの相談があり、こちらも返信したり提案したり、時にzoomで打ち合わせをしたりするのですが、返信が無いままフェードアウトして、気が付くとそのまま別の会社さんに頼まれてたというパターンが多い中、このようにしっかりと返信をいただける事は本当に嬉しくて。


だからこそ、当社でご協力したかった~~~!!!という気持ちも正直ありますが、直観的に、どこかのタイミングで何かしらのご依頼をいただける気がしています。


制作会社を決めるポイントは企業様によって様々なので、断られたからと言って凹むなどありません。


大切なのは、目の前で同じ時間を共有した相手に対して最後まで誠意を見せるかが、別の仕事や社内、社外の人間関係においても影響が出てくるんじゃないかと思っています。


当社がこれまで1枚のチラシも撒くことなく、今現在で8年間やらせていただいているのも、奇跡的な「ご縁」が続いているおかげ。


ただのWEBサイト制作会社ではなく、 なぜか売り上げが増えたよね~。 なぜか社内の人間関係がよくなったよね~。 なぜか理想のお客様が集まってくれるようになったよね~。 と言われる関係になるように、私自身これからもお客様、お取引先との出会いを大切にできればと思います。

タグ:

閲覧数:141回

Comments


bottom of page