top of page

2023年もありがとうございました。



写真は今朝息子が撮影していた一枚が素敵だったのでもらいました。

2023年も残りわずか。 これまでお世話になった皆様にも、これからお世話になる皆様にもお伝えしたい事があって、ブログを書いています。


先ほどふと「自分ってやっぱり変わってるのかもな~」と思ったことがありました。



昨晩カニ雑炊を作って、朝になりガッチガチに固まった鍋を洗っていた時の話です。


スポンジで鍋を洗いながら「ありがとう~」と、心の中で呟いている自分に気付きました。


というのもこのカニ。義理のお母さんから送っていただいたものだったのですが、このカニが届く背景にある亡くなった義理のお父さんの存在を思い出し、心の底から「ありがとう~」という気持ちが溢れたような感覚でした。



どんな仕事もそうだと思うのですが、「ありがとう」という気持ちは、必ずエネルギーとして届くと思っていて、そのエネルギーの循環としてまた仕事をいただけたりしている。そんなイメージが自分にはあります。


こんなことを書くと、楢崎さんって本当の変わり者なのかも。と思われそうですが、


朝、観葉植物に水をあげるときも「ありがとう~」と心の中で呟くし、水をあげた後は両手を擦り合わせ、葉っぱ一つ一つを手のエネルギーで温めるかのように「ありがとう~」と思いながら育てています。


また、我が家には薪ストーブがあるのですが、冬になると来シーズンの薪を準備するために、斧で薪割りをするのですが、その時も斧を振りかざしながら「ありがとう~~っ!!」と念じています。


何十年に渡りコツコツと育ってくれた恩恵をいただくわけなので、ありがとう以外の何でもないのですが、「ありがとう~!」と呟きながら薪を割るのは日本中でもほぼいないと思います。


また、最近は、ご請求書の送付方法がメールになったのでポストに投函する機会が減ったのですが、少し前までは投函する瞬間「ありがとうございます!」とリアルに呟いていました。




楢﨑がちょっと変わっているということはお分かりいただけたかと思うのですが(ご存じだった方も多いと思いますが)今日、この年末に一番伝えたい事は、



ホームページ制作を通じ、ありのまデザインという要素を入れることで、「ありがとう~」というエネルギーをお届けしているという事です。



そのお陰か、当社のお客様は本当に素敵なお客様に集まってもらえてて、急なご連絡があっても「あ~~、あのお客様からだ・・・」みたいなことが一切ありません。(過去別の職場では着信が鳴ると動悸がしてしまうような経験もしていました)


つまり、感謝の先に集まっていただく素敵なお客様を、ありのまデザインというフィルターを通じ、クライアントにも提供したい。と本気で思いながら仕事をしています。



楢﨑さんだけが頑張っても無理でしょ?と思われそうですが、協力してくれているフォトグラファーさんへも、WEBデザイナーさんへも、プログラマーさんへも、ドメインなどの接続をサポートしてくれる方へも、協力してくださる方への自分のスタンスを「感謝」にすることで、感謝に溢れたサービスを提供できると思っています。そしてみんな、心から感謝に値する仕事ぶりをしてくれています。



2023年も、本当にたくさんの新しい出会いがありました。


2024年も、常に自分の軸を「感謝」にすることを意識することで、お客様のWEBサイトからお問い合わせがあったその先のお客様も素敵な方が集まってくれるようなイメージをもちながら、1サイト1サイト大切に制作していければと思っております。



ここまで読んでいただきありがとうございました。


それでは皆様良いお年を!!


株式会社ありのまデザイン 楢崎雅也


閲覧数:82回
bottom of page